-北海道富良野移住促進情報- furano the Living

北海道富良野移住促進情報「リビング・フラノ」

北海道なのにエアコン必須!?寒暖差の激しい富良野の空調事情

北海道への移住のメリットの一つに「爽やかなで涼しい夏」を挙げる人も多いと思います。

逆に「冬場の暖房って大丈夫?」という質問をされる機会は多いですが、冷房について聞かれることは滅多にありません。

これは「北海道の夏は涼しくて快適♪」という先入観が原因。

しかし、近年になって北海道の空調事情は変わってきており、富良野も例外ではありません。

あまり聞かれることのない富良野生活のエアコンについて紹介していきます。

富良野は寒暖差が60度近くある稀有な土地

例年、冬の富良野はマイナス20℃を下回ります。

温暖化の影響がある…と言っても、時にはマイナス30℃にも達する事もあり、川までも凍りつくほど。

その反面、夏の気温もプラス30℃を超える事があり、特に近年の異常気象の影響で本州より暑い日が記録されることも珍しくなくなってきました。

さらに富良野は盆地のため元々気温差が激しい土地柄。

夏の富良野を訪れた観光客から「せっかく、避暑地に来たのに何でこんなに暑いの!?」と言われる日もあります。

(こればかりは天候の問題なのでご容赦ください)

確かに年間を通して考えると、本州の夏より過ごしやすさを感じることは多いです。

基本的に朝晩は涼しいので過ごしやすく、熱帯夜で寝苦しさを感じることなどほとんどありません。

その反面、年に数回訪れる熱波には非常に弱い面があり「家の中より外の方が涼しい!」という逆転現象まで起こることがあります。

本州とは違う北海道の家の構造

玄関は二重になっている家が多く、外気(特に真冬)が家に入らないようになっている。

家の中の気温が上がる原因は本州の家の構造との違いが大きく関係しています。

1年の約1/3は氷点下気温になる富良野でも安心快適に生活するため、断熱材や二重窓や二重玄関を使い、家の機密性を高くすることは必須です。

本州と同じ住宅構造の家を建ててしまうと、水道管の凍結や電化製品が低温で動かなくなってしまう原因にも繋がります。

ストーブも最初から備え付けのものが主流で、灯油も自動的に供給される設計。

真冬の快適性を考慮して採光の良い間取りにすると、極寒の富良野でも屋内は快適に過ごせる反面、夏になると西日の問題に直結してきます。

この機密性の高さが真夏になると「家の中の熱気が外に抜けない」という問題の原因に繋がっていると言えます。

「窓を開ければいいんじゃない?」と思われる方もいますが、一度でも断熱材が温まってしまうと、なかなか熱気は抜けきりません。

加えて普段は湿度が低く快適に過ごせている事も災いし、たまに気温や湿度が上がると一気に不快指数も上昇。

そのため、近年になって北海道内でもエアコンを設置する家庭が増えています。

エアコンは苦手なんだけど、やっぱりないとダメ?

ほとんど使われていないエアコン。小さなお子様がいる家には大きな安心材料。

冒頭の通り、富良野に移住を考えている人の中には「快適な夏」にメリットを感じている人も多いです。

しかし、元々、寒暖差が大きい土地であることに加え、近年の異常気象の影響で一昔前とは事情が変わって来ています。

実生活で考えると、年間の稼働日数は2週間にも満たない事がほとんど。

そのため、高額の費用を払ってまでエアコンの用意をすることに抵抗を感じる人も多いです。

しかし、小さなお子様がいる家庭や、定年移住を考えている人はエアコンの設置は前向きに検討することを強くオススメします。

どうしてもエアコンが苦手…と言う方は、日中の気温が高くなった時に1〜2時間程度か、室内の熱気が抜けない時に使う程度にしておくとよいでしょう。

富良野の寒暖差は美味しい農作物を育んでくれる側面もありますが、実生活では厳しい側面もあります。(本当に試されている気持ちになる時もあります…。)

厳しい自然環境に囲まれた富良野だからこそ、快適に生活をするための道具は積極的に活用していく事も大事だと言えるでしょう。