-北海道富良野移住促進情報- furano the Living

北海道富良野移住促進情報「リビング・フラノ」

未だ光回線未開通の地域もある!?富良野市内のネット環境について。

都市部に住んでいる方には当たり前の「光回線」ですが、富良野市内には光回線が開通していない地域があります。

NTTのホームページを見ると「富良野市は光回線がご利用頂けます」と表示されますが…。

残念ながら、これは【富良野市全域】という意味ではありません。

インターネット環境はもはや電気・水道・ガスに続く基本的なインフラのひとつ。

移住後に通信速度で余計なストレスを感じないためにも、移住候補地のネット環境の再確認は強くオススメします。

光回線が未開通の地域ってどこ?

基本的に市街地は問題ありませんが、市街地を離れると注意が必要です。

まずは、下記リンクから移住候補地の住所が光回線対応地域か、念のため確認をしてください。

https://flets.com

もし、移住候補地の住所を入力してこんな画面が表示されたら…。

残念ながら、インターネット環境はADSL、ISDN、もしくは携帯電話のテザリングを使う事になります。

「せっかく移住するんだし、人の少ない景色が良い地域のほうが良いかな〜?」という気持ちもわかりますが…。

光回線が当たり前だった人達が該当地域に移り住むと、慣れるまでかなりストレスを感じる事が多いようです。

具体的には、インターネットはもちろん、ネット回線を利用したテレビや各種サービスの利用がスムーズに出来なくなる可能性もあります。

amazon primeビデオがちょくちょく止まったり、skype電話にノイズが入ったり。

在宅ワークで仕事をしている人の場合、接続が途中で切れるような事があれば業務に差し支えも出てくるでしょう。

ADSL環境の場合、400MBの圧縮ファイルのアップロードに2〜3時間近くかかる…という話もあります。(ちなみに光回線なら2分弱でアップロード可能)

光回線未開通って…事は何も繋がらないの?

*令和1年7月現在の情報です。

西達布から麓郷に抜ける道にて。電波は繋がるが、強い…とは言えない。

「東山」「西達布(にしたっぷ)」などは、地図や写真を見れば「あー、ここには光回線は来ていないだろう…。」と察して頂けると思いますが、富良野市街から比較的近い「島ノ下(しまのした)」や「下五区(しもごく)」などでも未対応エリアがあるので注意が必要です。

また近年、移住者に人気が高まっている「麓郷(ろくごう)」も、中心部は提供可能地域ですが、ちょっと離れると光回線未開通になる場所もあります。

山部も一部で光回線未開通地域があるので、事前に確認しておいた方が良いでしょう。

NTTとしても「順次、対応エリアを広げています」とは回答していますが…。

現実的には、人口減少が進む地域では光回線が来ない可能性も否定できません。

とは言え、光回線が未開通…と言っても、インターネットそのものに繋がらない訳ではありません。

通信速度は十分ではない…とは言え、容量の大きなファイルのアップ/ダウンロードをしなければ大きな問題になることはないでしょう。

スマートフォンを使えば、日常使い(SNSや動画閲覧など)に関しては過度な心配をしなくても大丈夫なので、ADSLでもどうにかなる…と言えば、どうにかはなります。

富良野市にあるFREE Wi-Fiスポットなどを上手く使う

光回線未対応地域に移住したものの、一時的に安定した回線が使いたい!という場合は、富良野市内の飲食店に設置してあるFREE Wi-Fiスポットを利用する方法があります。(あくまでも一般店舗なので、利用の際は常識の範囲内で節度を持って…と、念のため。)

移住直後のネット環境が整うまで間借りなら、これでも十分間に合いますし、落ち着いてゆっくり仕事もしたい人には、コワーキングスペースを使う方法も良いでしょう。

繰り返しになりますが、ネット環境はもはやインフラとして欠かせない存在。

…ですが、広い富良野市内には、まだ光回線が未対応の地域があるのも事実。

また、古い家屋や離農農家の住宅をリノベーションして住みたい!と考えている人は、光回線に対応している地域でも、設備の追加工事が発生するケースもあります。

具体的な移住計画を立てる際に「ネット環境」についての確認も忘れないでください。